記事の専門性が上がるとSEOに強くなるって本当?記事のボリュームは?

投稿日:2017年3月31日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

前回、アフィリエイトサイトをつくるときに、
冒頭のメタを記述する
「<meta name="keywords" content="」という部分には、
キーワードを3つ以上入れない方が良いです。
ということをご説明しました。

ただ、たったの3つしか指定できないとなると、
重要キーワードに関連するその他多くのキーワードの
SEOが出来ないじゃないか!という意見が、
出てくると思います。

しかし、実はあることを知っているだけで
これがウェブサイトにとってメリットにもできるのです。

重要キーワードに付属する関連キーワードで専門性を高めるべし

一見デメリットに思える「キーワードを絞る」
という行為ですが、
実はこれはメリットにすることができます。

なぜかというと、ウェブサイトの評価は

「1ページのボリューム」

以上に、

「サイトの専門性・記事の専門性」

が重視される傾向にあるからです。

どういうことかわかりますでしょうか。

つまり、

「<meta name="keywords" content="●●●●」
↑の部分にたったの3つしかキーワードを
書きこめなかったとしても、

その分、記事数を増やせば全く問題がないですし、

逆に、
そのことによって各キーワードに対する
ページの専門性が高くなり、
その結果SEO的に強くできるというわけです。

1記事に色々なことを詰め込もうとすると大変ですが、
「1記事1テーマ」と考えていくと、
関連キーワードに特化したページを
別ページとして作っていくことも比較的簡単にできます。

これがキーワードを絞ることの
一番のメリットじゃないでしょうか。

さらに、

まだまだキーワードを5つくらい
詰め込んでいるサイトが多いので、

グーグルなどの検索エンジン巡回ロボットから見て
そういった人達のウェブサイトよりも、
我々のサイトは高評価になる確率が高くなります。

こう考えると、
キーワードを沢山書きこめないことも、
けっこうなメリットに思えるのではないでしょうか。

では、おそらくここで気になってくるのが、

そういった理由でページを増やす場合に、
どのようにキーワードを分散させていけば
より強いサイトにできるのか?
ということではないでしょうか。

なので、次回そのテクニックを
ご説明しようと思います。

この「キーワード分散のテクニック」を
マスターすると、かなりサイト作りが
上手くなりますし、楽になります。

次回をお楽しみに!

-アフィリエイト, ウェブサイトの作り方, アフィリエイトSEO
-,

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.