失敗しないSEOのためのメタキーワード選定術

投稿日:2017年3月30日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日は、アフィリエイトサイトの
SEO(検索エンジン上位表示対策)で
間違えている方が多い
「メタキーワード選定」について解説します。

これを間違えてしまうと、
最近はもうスパム判定されてしまう可能性も
出てきましたのでお気を付けください。

失敗しないSEOのためのメタキーワードの選び方とは?

アフィリエイトサイトをつくるときに、
HTMLのヘッダー部分( ~の部分のこと )で、
重要なキーワードを何個か決めると思います。

<meta name="keywords" content="キーワード,~

↑ここの部分のことです。

「ここの部分で指定したキーワードはまったく関係ないよ」
と言う人もいるようですが、私の経験では
ここの部分も、サイト巡回ロボットはしっかり見ている
感じがします。なのでSEOを考えるとここは外せません。

しかし、キーワードを意識するあまり、
10個以上ものキーワードをここに
指定してしまっているサイトがけっこう沢山あります。

あまり過剰に指定し過ぎると
かえって逆効果ですし、
悪くするとスパム判定をくらってしまいます。

では、このキーワードはいくつくらい指定するのが
良いのでしょうか。

最近では大量に突っ込むよりも、
ページ毎にしっかりと分けているほうが良いようで、
結果「3つ」くらいが一番効果が高いです。

これだけを言うと、

「え?!丹さん、たったの3つですか!
 たったの3つでは決められません!!」

というような反応が返ってきそうなので、

もう少しちゃんと説明しようと思います。

まず、詰め込むキーワード数が
少ない方が良くなっている理由としては、

サイトの多様化が起きたことで、
1記事に対しての「専門性」が
重要視されてきているからです。

これにも一応は例外があって、

1万文字とか、2万文字くらいの
大ボリュームの記事を書いた場合には、
ある程度重要キーワードを増やしても大丈夫です。

しかしそうでない場合、
あまり沢山のキーワードを盛りこむとグーグルなどに、
「不自然なサイトだな」と思われてしまうようです。

おそらくこのせいで、
あなたのせっかく作ったアフィリエイトサイトの評価が
下がってしまうというわけです。

なのでヘッダー部分には、
本当に重要になるキーワードともう2語(関連キーワード)
を加えた3つくらいにするのがオススメです。

重要なキーワードというのは、
例えば「商品名」「会社名」「悩みキーワード」
といったものですね。

しかしおそらくここで困るのが、
重要キーワードに加えるキーワードは何にするか?
という問題ですよね。

このキーワードは、
「中キーワード」とか「小キーワード」
と呼ばれますが、
このあたりのSEOはどうするんだ!
というのが課題になってくるわけです。

このままだと、
重要なキーワードにはSEOがかけられても、
それに関連する中キーワードなどには
SEOの重み付けができません。

実は、3つしか指定できなくても全く問題ない
ウェブサイトの作り方があるのです。

この方法は次回お話しいたします。お楽しみに!

-アフィリエイト, ウェブサイトの作り方, アフィリエイトSEO
-

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.