悪質な広告の見抜き方!アフィリエイト広告を選ぶ時に気をつけるべきこと

投稿日:2017年4月13日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今日は、ASPでアフィリエイト広告を選ぶときに
気をつけなければいけないことについてお伝えします。

ASPのアフィリエイト広告を選ぶ際気をつけるべきこと

アフィリエイト広告を選ぶ際
気をつけなければいけないこととは
一体何かと言うと、

サイト訪問者さんに迷惑のかかる広告は
オススメしないようにする。

ということです。

実際、業界内では名が知れ渡っている
有名な広告代理店(ASP)にも、

怪しい広告や、
登録すると勝手に出会い系などの
サイトに登録されて、
迷惑メールが大量に届くようになる広告が沢山あります。

なので、
扱う広告はできるだけチェックするようにして、

そういった悪質な広告を紹介してしまうことが
ないようにしていきましょう。ということです。

悪質な広告の見分け方

で、こういった悪質な広告と
その他の優良な広告を見分けるためには
いくつかポイントがあります。

アンバランスな成果報酬

1つ目は、成果報酬ですね。

悪質なアフィリエイト広告は、

例えば成果条件(報酬が発生する条件)が
「無料会員登録完了」という獲得しやすい案件なのに
普通よりも成果報酬額が高かったりするわけです。

成果条件がゆるい割に
報酬があきらかに相場より高いなど
不自然さがある場合には、

広告チェック用に作ったフリーアドレスなどで
一度登録してみて、
しっかりとチェックしておくようにすると良いですね。

ちなみにこの時、広告案件が
自己アフィリエイトOKなのであれば、
ついでに自己アフィリエイトで
報酬を頂いてしまいましょう。

サイトのトップディレクトリがスパム系

これはどういうことかというと、

例えば広告のリンクをクリックして
アクセスされる先が、

http://example.com

のようにドメインのトップページではなく、

http://example.com/○○○/

のような感じで、
ディレクトリになっている場合、

この「○○○」を消して、そのトップディレクトリー
(上記の場合だと「http://example.com」)に
アクセスしてみましょう。

すると、広告主の裏の顔が見えたりするのです。

というのは、例えば出会い系のサイトだとかの、
怪しいサイトになっていたりすることが多いです。

ただ、悪質でも稼ぐことは出来てしまいます

そう。

たとえアフィリエイト広告が
スパム業者のものだろうが悪質なものだろうが、
広告を紹介する側としては
稼ぐことができてしまうのが事実です。

これは人それぞれの考えや価値観があるので

「俺は広告が悪質であろうが稼げればそれで良いんだ!」

「登録したヤツのその後なんて知らねえよ!勝手にアドレスを
 変えるなりすれば良いだけだろ!」

という考えの方もいらっしゃるとは思います。

ただ、これはビジネス的にどうかと思いますし、
そもそも短期的にしか稼げない可能性大ですよね。

おそらくこの記事を読まれているあなたも
同じ気持ちだと思います。

ユーザーにとってためにならないサイトが
長く続いていくわけがありません。

何より、後ろめたい気持ちを持ちながらする
ビジネスは、自分自身が全然楽しくないはずです。

今、一時的に稼げたとしても
せっかく積み上げた
グーグルからの信頼や評価なわけですから、

3年後も10年後も変わらず報酬が
発生し続けていくことを目標とされている方が
多いはずですからね。

でなければ、
継続的に報酬が安定する「アフィリエイト」に
取り組んでいる意味がないですし。

まとめ

というわけで、
ぜひ扱う広告に怪しさを感じたら、
ひと手間かけてチェックしてみることをオススメします。

広告をチェックすると言っても、
たいてい悪質広告主は無料登録系なので
実際に一度広告サイトにアクセスして
無料登録してみるだけで大丈夫です。

まあ広告主のサイトを見れば、
怪しいサイトはそのまま怪しく見えたりしますからね。

-アフィリエイト 初心者向け, アフィリエイト, アフィリエイト 広告戦略
-

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.