メルマガを発行し始める方法まとめ!無料で始めるか有料で始めるか?

投稿日:2017年4月8日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

前回までに、メルマガを始めて直接的に稼ぐ
発行手法と、アフィリエイトサイトや
ネットショップなどと絡めて稼ぐ発行手法があるよ。
ということについてお話しをしました。

前回までの記事はコチラ
サイトアフィリで少額稼げたら必ず取り組むべき完全自動化メルマガアフィリエイト手法とは?
アフィリエイトサイトでも「無料会員メルマガ」を発行しよう!

というわけで、今回は
実際にメルマガを発行するときの
具体的な方法を解説しようと思います。

メルマガ発行に際して絶対に必要となるツールとは?

まず、メルマガを始めるためには、
大きく分けて、

  • 無料ではじめる方法
  • 有料ではじめる方法

の2つがあります。

というのも、メルマガ発行をしようと思うと
絶対に必要となる「メルマガ配信スタンド」という
ツールがあるからです。

そして、メルマガ配信スタンドには
無料で使えるものと、
有料で使えるものの2つがあるというわけです。

無料配信スタンドか、有料配信スタンドか

結論からお伝えすると、
これから使うべきメルマガ配信システムは「有料」の
メルマガ配信スタンド一択です。

というのも、無料で使えるメルマガ配信スタンドには
やはりそれなりのデメリットがありまして。

そのデメリットというのが、
「メルマガ」のメリットをすべて打ち消してしまうほど
最悪なデメリットになっているからです。

無料メルマガ配信スタンドのデメリットとは

無料メルマガ配信スタンドのデメリットには
例えばこんなものがあります。

  1. 広告が別途配信される。
  2. 広告がメルマガの頭とおしりに付与される。
  3. 見込み客リスト(メールアドレス)が取得できない
  4. メールの到達率が管理されていない(届かない)

「1」 と「3」と「4」が特に最悪ですね。

広告が別途配信される

広告が別途配信される。というのは、
知らない間にあなたの見込み客リストに対して
無料メルマガ配信スタンドの企業から
あなたの知らないサービスや商品が売り込まれるということです。

そもそもメルマガでは、
見込み客の「属性」を把握して
できるだけ“見込み客の興味のあることだけ”を
配信していくことが大切です。

にも関わらず、
あなたのメルマガに登録した途端に
多くの広告宣伝メルマガが届くようになったとしたら…?

見込み客があなたのメルマガにとって
どういう印象を抱いてしまうか想像に難くありませんよね。

見込み客リスト(メールアドレス)が取得できない

次いで、「3」に関しては絶望的で。
そもそもメルマガをやることの最大のメリットとは、

ただの「アクセスの数字」としてしか認識できなかった
あなたのサービスやウェブサイトのファンの方々を
「見込み客リスト(メールアドレス)」として取得し
自社の管理下に置いておけるということに最大のメリットがあるわけです。

こうしておけば、
待ちの姿勢で商品が売れていくのを
待っているだけでなく、
こちらから積極的に企画や商品を紹介していくことが
できるようになりますし、

今後、ウェブサイトやサービスが
どんな事態に陥ったとしても、

見込み客のほぼ全員にすぐに連絡をとる方法を
残しておけるわけで、圧倒的な保険にもなるわけです。

それが、
メルマガ配信システムを提供している企業側で
メールアドレスを保有するだけで、
あなたの元ではメールアドレスを見ることができないのだとしたら、
まったく意味がないですよね。

メールの到達率が管理されていない(届かない)

そして、「4」に関しても最悪です。
これはメルマガにとって死活問題です。

メルマガは、ただメールが一斉に送れれば良い。
というものではありません。

ヤフーメールやGメールや独自ドメインメールなど、
様々なメール受信クライアントにも
安定的に“確実に”届けなければ意味がないわけです。

しかしこれらのメールクライアントは、
日々スパムメールをはじいたり
アルゴリズムを変えたりして、
「一斉配信されたメール」を届きづらくしているものなのです。

月額をとっている有料配信スタンドの場合、
こういった対策を日々エンジニア達が
改善していっているので、
絶えずメールを届けることが可能になるのですが、
(といっても有料にも関わらず届かない配信スタンドも多いですが。)

無料サービスの場合このあたりが遅れていて
まったくといって良いほど届かないことも少なくありません。

ここをケチったがゆえに、
1万人いる見込み客に対してメルマがを送っても
たったの500人にしか届いていなかった…。
なんてことになったとしたら、全く意味がないですよね。

それよりも、月額いくらかを支払って、
全員にしっかりと届かせて、
500万円、1000万円と売上を立てられた方が絶対に良いはずです。

まとめ

というわけで、
メルマガを発行しはじめるにあたり、
メルマガ配信スタンドをどこにしようか迷われると思いますが、

無料ではじめるのではなく、
必ず有料のメルマガ配信スタンドを使って
はじめるようにしましょう。

追伸.まぐまぐはどうなの?

「まぐまぐ!」に関してどうですか?という
ご質問が多かったのでお答えしておくと、

まぐまぐの場合、「1」と「3」と、
最近は少し「4」も入ってくる感じです。

なので、

特に、見込み客リストを保有して、
安全かつ積極的なマーケティングをしかけていこうと思ったら
「3」は痛いですよね

というわけで、私個人の見解としては
まぐまぐを使うのはオススメしません。

もし、まぐまぐを活用するとしたら、
まぐまぐは読者数が公式に公開されていますし、
10年以上も前からメルマガを配信している会社なので
信頼性も高いので、

あくまでもメディアのブランディング的な観点で
置いておく。という使い方ですね。

まぐまぐでの発行部数が多ければ、
「本の出版」をする時にも役立って
部数が多ければ出版社の人に話を聞いてもらいやすくなります。

私も実際まぐまぐには1万人以上の読者がいますが、
配信はまったくしていない状態です。
ただ、これによって私の他メディアの価値が
より一層上がっている。という感じです。

どうぞご参考までに。

-アフィリエイト

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.