グーグルで上位表示されるサイトの特徴を調べてみた

投稿日:2017年3月31日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日は、グーグル検索で上位表示される
アフィリエイトサイトの特徴を
ご紹介しようと思います。

先日、オウンドメディアを作る場合、
文字数に加えてページ数を多くすることが
とても評価されるということを説明してきました。

(オウンドメディアとは、ある程度のページ数を
持った、大きな情報サイトのようなもののことです。)

将来的には、アフィリエイトのみを目的とした
ウェブサイトも、ページ数やオリジナル性が重視
されることになると思います。

ですが、まだ今は「何でこんなサイトが?!」
と思ってしまうようなサイトが
まだまだ上位に表示されていることも多いですね。

そのようなサイトが、どのような理由で上位に
表示されているかを、以前調べたことがありましたので
今日はそれをご紹介しようと思います。

どんなサイトが上位表示されやすいのか?

まず、上位表示されている
アフィリエイトサイトの特徴として、

大きく分けて2種類の特徴を持った
サイトがあります。

一つ目は『ページボリュームが多いサイト』
二つ目は『古くから存在しているサイト』
の2つです。

もちろん、この両方ともが強いサイトが
良いに決まってはいますが、

このどちらか一方が強いだけでも
比較的上位に来れているようです。

この2つの特徴をそれぞれもう少し
詳しくご説明していきます。

『ページボリュームが多いサイト』
というのは、「TOPに戻る」や、
カテゴリ一覧などのページで「内部リンク」
というのを貼りあっています。

(内部リンクとは、自サイト内で貼り合っている
リンクの事です。他のサイトからのリンクは
「外部リンク」「被リンク」などと呼びます。)

この「内部リンク」も、
サイト構造を検索エンジンのロボットに認識させる上で
重要なものになりますので、
この影響で上位表示されているのだと
思われます。

『古くから存在しているサイト』
というのは、文字通り何年も前に取得されたドメインを使っていて、
長く運営されているサイトのことです。

経験上、運営歴1年未満のサイトと
1年以上のサイトで大きく違いが現れます。

そして当然、それ以上に古ければ古いほど
検索エンジンにエコヒイキされるようになっています。

なぜ古いサイト(ドメイン)が
優遇されるのかというと、

サイトが長く運営されているということは、
多くのファンが付いていて
有益なサイトに違いない。と
検索エンジンのロボットが認識するからです。

まあこれは中古ドメインなどを買うか、
もしくは地道に運営を続けていくしか
方法はないので、

ひとまずはコンテンツボリュームを上げて、
内部リンクを充実させることですね。

ちなみに、
内部リンクを貼るポイントとしては
「ドメイン内全体に」向けて
リンクが貼られていることが
高評価につながるようです。

内部リンクは、どうしてもトップページに
向けたものが一番多くなってしまうと思いますが、

トップページだけでなく、

中ページ、小ページなどへもしっかりと
リンクしてあげましょう。

外部サイトから自サイトへ向けて
被リンクを貼る場合も、
自分のサイトのトップページに向けてしか、リンクを
貼っていないサイトが多いですが、

しっかりと他のページにも貼ってあげることが
大切です。

でないと不自然ですからね。

そして、あくまでも
「不規則に貼る」というのを
忘れないでくださいね。

自然に貼っていくのがポイントです。

-アフィリエイト, ウェブサイトの作り方, アフィリエイトSEO
-,

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.