楽天アフィリエイト登録後の準備!報酬を現金で受け取るべきでない理由とは?

投稿日:2017年6月12日 │ 最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

楽天アフィリエイト登録後の準備!報酬を現金で受け取るべきでない理由とは?

楽天アフィリエイトの報酬は、3,000円分までが「楽天ポイント」で。3,001円以上が、現金化可能な「楽天キャッシュ」で支払われることになります。

ただ、報酬を受け取るためには多くのルールや準備があるので、楽天アフィリエイトを開始するにあたり、あらかじめ準備をしておきましょう。

楽天アフィリエイトの報酬はポイント!?

楽天アフィリエイトで稼いだ報酬は、現金での振込ではなく「楽天ポイント」および「楽天キャッシュ」という形で支払われます。

ただ、楽天キャッシュは現金化が可能です。楽天ポイントは楽天市場での買い物にしか使えない文字通りの「ポイント」ですが、楽天キャッシュは「キャッシュ」と名前が付いているとおり現金化できるポイントなのです。

※一定の条件を満たすと、楽天アフィリエイトの報酬をそのまま現金で銀行振込してもらう方法もありますが、このサービスは使わない方が良いです。これについても後述します。

楽天ポイントも楽天キャッシュも、どちらも楽天市場での買い物に使用することが可能ですが、楽天ポイントと違い、楽天キャッシュは現金化できるポイントなので、買い物で使う際には楽天ポイントから使うようにしましょう。

Point
楽天で買い物をする際、ショッピングカートにて使用するポイント数を指定するところがありますが、そのままにしておくと楽天キャッシュから使わされてしまいます。必ず「楽天ポイントから使う」にチェックを入れるようにしましょう。

注意!準備不足だと3,001円以上の報酬が没収される!

楽天アフィリエイトの報酬を受け取る前に、とても重大な注意事項があります。

と言うのも、楽天アフィリエイトで発生した報酬が3,001円を超えた場合、その分の報酬は「楽天キャッシュ」というもので受け取ることになるわけですが、これを受け取るためには事前準備が必要で、それをしておかなければ楽天キャッシュ分は全て没収されてしまうからです。

準備不足のまま楽天アフィリエイトを実践した場合、そこで仮に1ヶ月で50,000円の報酬が上がったとしても、3,000円ピッタリしか払い込まれず、残りの47,000円は楽天により没収となってしまうのです。

一度没収されてしまった場合、いくら泣きついたところでこれを取り戻すことはできません。楽天アフィリエイトの規約にも、このことはしっかりと書かれている決まりごとですからね。

というわけで、楽天アフィリエイトを始めるにあたりまず最初に楽天キャッシュを受け取れる準備を済ませてしまいましょう。

楽天キャッシュ受け取りに必要な準備

では、発生した報酬3,001円分以上の報酬を受け取るための準備をおこなっていきましょう。と言っても簡単です。

楽天カードを所有するか、楽天銀行の口座を所有すれば、もうそれだけでOKです。もちろんすでにどちらかを所有している場合には、もうそれでOKです。
※カード情報や口座情報を楽天アフィリエイトのアカウントに紐付ける必要はあります

まだ楽天カードも楽天銀行の口座も所有していない場合には、忘れない内に作成しておきましょう。

楽天カードの取得はコチラから
楽天銀行の口座取得はコチラから

楽天キャッシュを現金化する際の手数料について

ちなみに、楽天キャッシュで受け取った分の報酬は、楽天銀行の口座限定で、現金化(楽天キャッシュで受け取った後で払い出し)することができます。

払い出しする際には手数料として、払い出す金額の10%プラス消費税がかかってきます。これはなかなかもったいないですよね。

ですが、そもそも楽天市場は揃わないものはないと言えるほどに商品が豊富なわけですし、今やコンビニやデパートや居酒屋やアパレルショップなどでもかなり楽天ポイントを使えるところが増えています。

なので、そういった所で買い物をしたり、日用品や買い物の大半を、近所のスーパーやホームセンターで買うのではなく楽天市場で購入するようにすれば、払い出しする現金自体を少なくすることが出来ますし、そもそも私生活で使う現金の量を減らせます。

これによって、払い出す際の手数料も減らすことができるというわけですね。

もちろん家賃の足しにしたいとか、クレジットカードの支払いに回したいというのであれば、我慢することなく楽天銀行に払い出しをしてしまえば良いと思います。

ただ、基本的には日常で買っていたものを楽天で買うように意識していき、受け取った楽天ポイントも楽天キャッシュも、楽天内で消費させるようにしていけば最も効率よくお金を使うことができるようになります。

楽天銀行への直接振込サービスについて

冒頭で少し触れましたが、実は楽天アフィリエイトには、楽天銀行の口座に直接報酬を振り込んでくれるサービスが存在します。

ただ、基本的にはこのサービスには申し込まなくてOKです。

一応このサービスに申し込める条件としては、3ヶ月以上継続して楽天アフィリエイトの報酬が月10万ポイント以上。という条件が設けられていて、これが通れば振込手数料の10%プラス消費税というのも免除されるのですが…。

ただ、実はその際に、アフィリエイトをおこなっているサイトやブログを申請しなければいけないのです。

となると、少しでも楽天アフィリエイトの規約違反があったり、望ましくない記事が書かれていた場合には、アカウント停止になることも有りうるわけで。
まさに触らぬ神に祟りなし。なのですよ。

手数料は保険代だと思おう!

楽天アフィリエイトで月100万円稼いだ場合、まずは楽天市場やデパートなどの提携ショップで毎月40万円買い物するとして、残り60万円を払い出すとしましょう。

そうすると、手数料で持って行かれるのは10万円前後になるわけで、もちろん痛い金額ではありますが、まあそれまでの全てのブログやサイトを修正したり消さなければいけなくなるリスクを考慮すると、安いものですからね。

※楽天カードと楽天銀行の口座を持っていれば、余裕でダイヤモンドランクになれますので、その場合月に50万円まで楽天ポイントで買い物することができるようになります。
※1回の買い物にも使える上限があって、楽天ショップでは3万円まで。コンビニやデパートなどの提携ショップでは5千円まで。

まだある!リスクなく楽天報酬を現金で受け取る方法

私はこの方法について実践したことが無いのであくまでも人づての話になってしまいますが、楽天の提供している銀行振込サービス以外でも、楽天アフィリエイト報酬を振込手数料を抑えた状態で振り込んでもらう方法があります。

それは何かというと、他のアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)を使うというものです。

楽天以外のASPを使う

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)というのは、アフィリエイトをするための企業(広告主)と個人(アフィリエイター)を結びつけてくれる企業のことを言うのですが、

実は、それらのASPの中にも楽天アフィリエイトのサービスを扱っているところがあるのです。

具体的には「A8ドットネット」と「リンクシェア」というASPが扱っています。

A8ドットネット
リンクシェア

それぞれのASPにログインした後、「楽天アフィリエイト」で検索すると出てきて、そこからアフィリエイトすることが出来ますが、ただ、高料率商品の挙動(5%や10%の報酬率の商品も1%になってしまうか?)が分からないので、私は使っていません。

ただ、これらのASPで楽天アフィリエイトを実践した場合、報酬支払いのルールや条件は各ASPの定めるものになりますし、当然数百円の振込手数料を引かれるだけですべて現金で受け取ることができます。

どうしても気になる!という場合には、A8やリンクシェアで楽天アフィリエイトをやってみてください。高料率商品についても、多分大丈夫だと思うので…。

まとめ

楽天アフィリエイトの報酬受け取りには、特有のルールやクセがあって最初はややこしく感じるかもしれません。ただ、最初にやっておけば、あとは普通にアフィリエイトをしていくだけですからね。

楽天アフィリエイトをはじめよう!と思ったら、まずは上記の準備や最低限の報酬発生の知識を覚えておいて頂けたらと思います。

-楽天アフィリエイト, 楽天アフィリエイトとは
-, , ,

Copyright© 楽天アフィリで月30万円稼いで会社を辞めた元サラリーマンのブログ , 2017 AllRights Reserved.